ムービーを変更しました

  • 2019年07月02日

1枚目/菊ヶ浜
萩城跡のある指月山から弓なりに続く白砂青松の海岸。
北門屋敷から徒歩5分なので、夏は宿から水着でおでかけされる方も。
夕日の名所でもあり、朝夕のお散歩にもおすすめです。

 

 

2枚目/百日紅
表門のそばのサルスベリです。幹がツルツルしていることから“猿滑り”、また、夏の日差しの中で長い期間紅い花を咲かせることから“ヒャクジツコウ”とも呼ばれます。

「百日紅」の名前は悲しい恋の伝説からとも言われ、『あなたを信じる』『潔白』などの花言葉はこの伝説に由来しているとのこと。
そう思ってみると、濃い桃色の花は切ない恋心を表しているようにも見えてきます。

 

3枚目/ダイニング「逍遥亭」の軒下
春は花、秋は紅葉で目を楽しませてくれる桜やモミジですが、
夏の青々とした葉の清涼感もまた格別です。

 

 

 

4枚目/ダイニング「ウィステリア」

ウィステリアは平成5年7月に完成したダイニングです。

この年の6月に御結婚されたばかりの皇太子殿下と雅子殿下(現天皇皇后両陛下)が、山口県で行われた「第35回自然公園大会」にご臨席のため揃って山口へ行啓された際、当館へご宿泊賜りました。

館内ご案内中に「ウィステリア」に目を留められた雅子殿下のご希望で、完成したばかりの室内をご案内することとなり、図らずもお二人が最初のゲストとなりました。

 

5枚目/貴賓室「桂月」

北門屋敷で最も格式ある客室「桂月」。
前述の行啓の際、皇太子殿下・雅子殿下がお泊まりになられたお部屋です。

 

 

6枚目/北門屋敷表門